バーコードプリンタ、ハンドラベラーの新盛ソリューションズ株式会社

2020年07月06日

テイクアウトを始められる飲食店の方へご注意です

コロナの影響で店内飲食を敬遠し、お持帰りをするお客様が急増し、飲食店にて
テイクアウトの弁当や惣菜を製造・販売することが増えてきました。
原則として食品表示法に基づく表示が必要となります。

⇒ TokiPri、neo-7で食品表示ラベル、消費期限表示を行い、事故のないように
 しましょう!!

1. 中身の見えない容器・包装で販売するとき

 必要な表示は以下の通りです。

名称
原材料名(品目によって複合原材料での簡略化が可能)
原料原産地名(重量割合第1位の原材料について必要)
添加物
アレルゲン(原材料の品目ごとに表示)
内容量(外から見て中身の量、個数がわかる場合省略可)
消費期限(可能なら○月○日○時まで)
保存方法(常温保存以外特に注意することがなければ省略可)
製造者名、製造者住所
1











2. 中身の見える容器・包装で販売するとき

 外から見て原材料がわかるおかずについては以下の通り簡略化して表示できます。

おかず類をまとめて「おかず」と表示
メインとなるおかずを表示し、それ以外は「その他おかず」、「その他付け合わせ」と表示
注・アレルゲンと添加物は省略できません。
2









3. 製造した店でのみ販売する場合

 店内で調理したものを他の場所で販売せず、同じ店内でのみ販売する場合は、原材料や原料原産地の表示を省略できます。ただし、聞かれたら必ずその場で答えられるようにしましょう。
3









4. 客の注文に応じてその場で容器に詰めて販売する場合

 表示は必要ありません。ただし、聞かれたら必ずその場で答えられるようにしましょう。